Horizontal Chime

水平鈴 [ すいへいれい ]

 

 

のびやかに空気に溶け込む透明な響き、
光学ガラスのお鈴(りん)

水平鈴(すいへいれい)は、ガラスのお鈴( りん)です。細長く透明なガラスは、見た印象と等しく透き通った繊細で伸びやかな音色を奏で、金属製のお鈴とは違った独特の空気感を醸し出します。鈴棒は台座内部に収納でき、スリムな外形で場所をとらず、場に違和感なく馴染みます。またプリズムの効果により、日光を受けると虹色の光を室内に投射します。場を清め、心を開き、瞑想や祈りへの扉を開く大切な道具となるでしょう。

透明な響きに耳を澄まして、心が澄むように

見慣れた日常の風景や光の中にも神秘性は、潜在しています。祈りや供養、瞑想を暮らしの中に取り込み、日常の神秘に目を向けることは、生き生きと暮らしてゆくために大切な習慣と言えます。透明で純粋な響きが空気に溶けてゆく。場を清め、耳を澄ませめることによって得られる心の中の静寂。開かれた心で、遠い時間、場所、人を想う。自分の奥にあるものとの対話が生まれることを願っています。


 

           

日光を受けた時、プリズムの効 果で分光した虹色の光を室内に投射します。

水平鈴 [ すいへいれい ]
[ Horizontal Chime ]

サイズ : W190 x D22 x H37(mm)
素材 : 光学ガラス 、木材/メープル (台座、鈴棒)